離婚の準備は何したらいいの?

離婚の準備は何したらいいの?

離婚の準備は何をすればいいのか?

福岡の行政書士が離婚の準備に必要なことを説明致します。離婚をするという事は大変なエネルギーと時間が必要です。配偶者と話し合いをして離婚を成立させるにしても精神的に大変ですし、引越し先を調べたり、子どもの事をどうするか等、決める事がたくさんあり離婚まで大変です。うまく離婚するにはまず準備をしておく事が重要で、この準備は「未来設計」「知識」「証拠」この三点に集約されます。

離婚の準備は最初に未来設計を決める

・住居を考えよう

離婚をした後にどこに住むのか決めておきましょう。今、住んでいる家に住み続けたいのか、実家に帰るのか、近くに家を借りるのか等、選択肢は複数あります。家を購入している場合はローンの問題や、保証人の問題があります。新しく家を借りるにしても希望の場所や予算など気に入る場所がすぐに見つかるかは分かりません。子どもがいるから学校を変えたくない場合もあるでしょう。そういった点も含めて住居のことを考えておくことはとても大切です。

・仕事を確保しておこう

女性の方が多いと思いますが専業主婦だと、離婚後に経済面で困る事になります。お金に困る事がないように仕事を確保しておく事が必要です。住居を探すのと同様に仕事を探すにも給与、就業時間、場所など納得いく職場を探すには時間がかかります。早め早めに探しておくことが離婚の準備で大事なことです。

・精神的な自立と行動をしよう

離婚を成立させる為には配偶者と話し合わなければなりませんし、就職するのであれば仕事の確保、引っ越すのであれば住居の確保、他にも離婚する際の手続きなども調べなければなりません。自分で色々とやらなければならないので精神的に疲れるとは思いますが、今から1人で生活する為には自分で行動をし計画を立てておくことが大切です。

離婚の準備に必要な知識とは

・お金のこと

離婚するときにはお金について話し合うことになります。財産分与や慰謝料、養育費に婚姻費用、他にも公的扶助の制度も知っておくことが必要でしょう。ここでは深く説明しませんが、離婚した後に生活するにはお金が大切なのでしっかりと自分が損をしないように勉強をしたり専門家に相談をしたほうがいいでしょう。

・離婚の方法を知っておく

協議離婚であれば「なんとなく」離婚したいと思って、配偶者が合意すれば離婚が成立します。しかし、現実的には離婚をしたいと強く思った理由があるかと思います。協議離婚で離婚が成立することがほとんどですが法定離婚事由のどれに当てはまるのか?など、自分なりに整理しておいたほうがいいでしょう。配偶者と交渉する際に感情的にならず説明できるようになります。(離婚するには理由が必要?行政書士が教えます

・慰謝料が発生する場合も知っておこう

離婚をしたら慰謝料は女性がもらえるものではありません。上でも書いたとおり極端な話し「なんとなく」離婚をしても慰謝料は発生しませんし、性格の不一致では慰謝料は発生しません。では、どのような時慰謝料が発生するのでしょうか?

配偶者が浮気・不貞をした場合

浮気や不貞で離婚をするケースは多く、この場合は慰謝料を請求できます。配偶者に請求できるのはもちろん、浮気相手にも請求が出来ます。浮気相手に対しては特に時効に気をつけなければならず、浮気と浮気相手を知ったときから3年を過ぎると時効になります。

悪意の遺棄の場合

 「協力義務」「扶助義務」「同居義務」は婚姻関係にある夫婦間の義務で、これに違反したものを悪意の遺棄と言います。具体例を言うと、生活費を渡さなかったり、理由もなく別居したり、健康な夫が働こうとしなかったりする場合があてはまります。

 

DV・モラハラの場合

DVもモラハラも説明しなくても分かると思います。モラハラは精神的な暴力であり、気付きにくいものです。また、DVとは違い外傷を負うことがないですので、第三者から見ても分かりづらいものです。もしかしたらと思ったら、相談センターなどを探し一度相談されたほうがいいでしょう。
 

セックスレスの場合

セックスレスの場合も慰謝料請求は出来る可能性があります。もちろん、病気などでセックスレスになったという正当な理由がある場合は請求は難しいです。
 

 

離婚の準備に必要な証拠

・慰謝料を請求する場合

何でもかんでも証拠が必要という訳ではありません。配偶者に慰謝料請求をする、浮気相手に慰謝料請求をする場合は必ず証拠を集めておきましょう。証拠がないのであれば相手は否定するでしょう。浮気にしてもDVにしても証拠の積み重ねが重要になるのです。

・証拠となるもの

まず自分で出来そうな事からやっていって下さい。DVであればキズの写真や診断書、日記などを書くとよいでしょう。モラハラも同様に暴言の録音や、日記が有効です。悪意の遺棄については様々ですが、生活費が振り込まれなくなったと分かる通帳や、別居の原因などの記録がいいでしょう。浮気については、浮気相手の自宅の出入りを撮影したり、ラブホテルの出入りを撮影することが重要です。証拠を集める上で重要な事は、第三者にもそのことがあったと分かるように証拠を集めましょう。

・離婚協議書を作成しておく

離婚協議書も立派な証拠です。話し合ってないとか、そんなこと言っていないとか言われてトラブルにならないように離婚協議書を作成しておきましょう。(福岡の離婚協議書ならお任せ下さい

行政書士福岡法務は証拠集めから協議書作成までします

・行政書士福岡法務に任せよう

最初にも申し上げました通り、離婚をするには膨大なエネルギーと時間を要します。単に配偶者と離婚の話しをするだけでもエネルギーを使うのに、慰謝料請求をする為に浮気の証拠を撮るとなると、また別のエネルギーを使う事になるでしょう。行政書士福岡法務は探偵も在籍しておりますので、浮気の証拠集めから離婚協議書作成まで、離婚の最初から最後までサポートすることができます。自分で全てやろうとはせずに専門家に頼むことで「知識」と「証拠」の部分はカバーできます。

・24時間365日無料相談できます

離婚や浮気の相談をしたいと思っても働いていたりして中々平日に時間が取れない方も多いと思います。行政書士福岡法務では夜の時間帯であったり、土日でも相談ができるようにしています。まずは電話やメール、ラインにて相談下さい。