福岡にて車庫証明の代理取得

福岡にて車庫証明の代理取得

 

福岡の車庫証明を代理申請

車庫証明を取得したい

車庫証明をとりたいが平日に時間がなかったり面倒だったりしませんか?弊所では福岡限定で車庫証明を代理で申請致します。単純な申請、各書類の作成、弊所では二つのケースに分け料金を設定しております。ディーラー様においては一度に複数の依頼であれば通常価格より安価になります。ここではまず初めに、車庫証明に必要なもの及び弊所の費用を書いていきたいと思います。

 

車庫証明の単純な申請(準備するもの)

①自動車保管場所証明申請所
・運輸支局用1通
・警察署用1通
②保管場所標章交付申請書
・警察署用1通
・申請者用1通
③保管場所使用権原疎明書面
(1)保管場所の土地建物が自己所有の場合
・保管場所使用権原疎明書面自認書1通
(2)保管場所の土地建物が他人所有の場合
・保管場所使用承諾証明書1通
・駐車場賃貸借契約書の写し等
のいずれか。また、分譲マンションでも必要になります。

 

フルサポート申請(準備するもの)

特に準備していただくものはありませんが、申請書に記載する情報を教えていただかなければなりません。結局その手間を考えたら自分で記載をしたほうが早いということがほとんどでしょう。承諾書のほうはフルサポートであれば私が大家さんにサインをもらいに行くことも可能です。

 

単純申請とフルサポートの違い

単純申請は依頼者様で全て記入してもらい弊所に書類を郵送等してもらいます。弊所がその書類を持って警察署に行き申請をします。車庫証明が発行されれば、また警察署に受け取りに行き郵送でお渡しするという代行ということです。万が一申請書に間違いがあり警察署から指摘されれば返送し書き直しをしてもらわなければなりません。ただ、行政書士は委任状を書いてもらえれば修正が可能となりますので、心配な方は委任状にサインをしていただくことになります。フルサポートはこちらで全て書類を作成し申請まで行うという形式です。フルサポートの場合は必ず委任状は必要です。

 

車庫証明申請代行の料金

単純申請10,000円(まとめて申請で最大半額まで割引)
フルサポート申請50,000円

 

車庫証明の申請くらい自分で出来るのでは?

車庫証明の申請はだれでも出来ますが依頼される人のほとんどが時間的拘束や立地の問題で出来ないという方です。書類自体もネットでダウンロード出来ますので後は記入していくだけです。一番の問題は承諾書あたりかなと思いますが、これも不動産屋などに連絡すれば嫌がるようなことではありません。ただ、人間ですので多少のミスや書き間違いが起こる可能性があります。現地で警察に訂正を求められた際に委任状があれば本人同様に書き直すことができますので迅速に対応できます。

 

行政書士福岡法務の車庫証明申請の流れ

弊所への依頼の流れ

①行政書士福岡法務に問い合わせ
②書類送付・入金
③弊所から車庫証明の送付

以上で終わりです・・・。(笑)

 

車庫証明代理申請での注意点

車庫証明で一番の注意点はケアレスミスです。もし、遠方から依頼された方でそういったケアレスミスがあったら、もう一度返送しなおして書き直しをして頂かなければなりません。急ぎではないということであっても時間だけが無駄にかかってしまうので小さなミスは避けたいところです。「ミスなんてするか!任せんかい!」という方は書類を送っていただければ警察に申請しにいきます。ただ、「ん~、ちょっと心配」という方は単純申請であっても委任状をメールで送りますのでそれにサインして必要書類と一緒に送付ください。警察署で多少の書き直しが出たとしても別途料金が発生しますと意地悪は言いませんのでお気軽にご相談ください。

 

車庫証明手数料金

自動車保管場所証明手数料保管場所標章交付手数料合計
2,200円550円2,750円

 

行政書士に代行は楽ちん

書類を送っていただければ迅速に警察に申請に行きます。警察署の申請の受付時間は平日の9時から17時45分と比較的短く、仕事をしている人にとっては行きづらいのが現実です。申請と受け取りで最低でも二回行かなければならないので面倒くさいです。そういった面倒を弊所に依頼すれば楽ちんという構造になっています。

 

 

行政書士福岡法務への問い合わせ

行政書士福岡法務は24時間365日いつでも問い合わせ可能です。電話・メール・ラインを中心に対応をしております。土日祝しか相談が出来ない、仕事が終わるのが遅いという方も問い合わせしやすい環境を整えております。