福岡での古物商許可を取得代行

福岡での古物商許可を取得代行

 

福岡の行政書士に古物商許可を取得代行を任せよう

行政書士に任せよう

古物商許可の申請をしたいけど平日に時間がなかったり書類の準備が面倒だったりしませんか?行政書士福岡法務に古物商許可の申請を依頼すれば書類をこちらで準備し申請まで致します。古物商許可の管轄は福岡県公安委員会になりますので警察署が申請の窓口となります。また、各書類を集めるのも各行政庁になりますので平日の決まった時間帯になりますのでハッキリ言って面倒くさく多くの時間をとられてしまうのです。行政書士福岡法務は365日24時間いつでも対応できますので、お気軽にご相談下さい。

古物商許可に必要な書類

①誓約書
②登記されていないことの証明書
③身分証明書
④住民票
⑤略歴書

これらが基本的な書類になり、中には、インターネット利用書類、使用承諾書等も必要になるケースもあります。また、上で書いた必要な書類は個人の場合で、法人の場合だと必要書類も増えてきます。このような面倒な書類集めと書類作成をまるごと行政書士に依頼する事が出来ます。

古物商許可代行の料金

古物商許可代行料金 50,000円

 

古物商許可手数料

古物商許可代行料金 19,000円

 

古物商許可申請って自分で出来ないの?

古物商許可申請は自分でやろうと思えば出来ますが、平日に書類を集め、警察署の担当者との事前ヒアリング等をしなければなりません。今から開業するという時期に、これらに時間をとられてしまうのはもったいないですし、それらに時間を割くのは忙しく難しい事もあるでしょう。このような事に時間を使うのであれば、各関係者の方に挨拶状の一つでも書いたほうが今後運営する為にプラスになるのではないかと考える人も多いと思います。行政書士福岡法務への代行申請は比較的安価で依頼できますので、金銭的ハードルは低く、依頼しやすくしております。また、古物商許可代行が完了したとしても、今後、長く付き合えていけたらというのが私の考えです。

 

行政書士福岡法務の古物商許可代行の流れ

古物商許可代行流れ

①行政書士福岡法務に問い合わせ
②来所又は喫茶店等で契約
③書類作成及び申請
④審査
⑤許可証の交付

 

古物商許可代行での注意点

古物商許可は営業場所や、個人法人等、人により状況が異なり、それにより必要書類も変わってきます。また、申請に対する処分をするまでに要すべき標準的な期間は40日間となっており余裕をもって申請をしなければなりません。まずは、具体的にどのような流れになるのかは、お問い合わせをして頂き確認下さい。

 

行政書士に代行は楽ちん

何度も書いているように行政書士に依頼すれば、古物商許可申請は楽です。行政書士福岡法務では書類作成のみだけでなく、最後の警察署への提出まで行います。依頼者の方は、その間にじっくりと営業に向けて準備をして下さい。何かの事業を運営するという同じ立場になりますので、行政書士と依頼者様という関係性だけでなく、人と人との長い付き合いが出来ればと思います。

 

行政書士福岡法務への問い合わせ

行政書士福岡法務は24時間365日いつでも問い合わせ可能です。電話・メール・ラインを中心に対応をしております。土日祝しか相談が出来ない、仕事が終わるのが遅いという方も問い合わせしやすい環境を整えております。