ゴルフ練習場の設置又は保存の瑕疵

ゴルフ練習場の設置又は保存の瑕疵

 

瑕疵があるかどうかが問題

台風での被害の補償はあるのか?

こんにちは、行政書士福岡法務です。先日、福岡に大きな台風が直撃して自宅でも窓ガラスが割れるんじゃないかと思うほどの強風が吹き荒れていました。そこでふとニュースを思い出しまして、千葉でゴルフ練習場の鉄柱が台風で倒れ民家が壊れたという話です。写真を見ると衝撃的で、結構ガタイのいい鉄柱が倒れていてかなりの被害が出たようです。ここで問題になっているのが補償をするのかしないのかということ。確かに被害にあった方からするとゴルフ練習場を運営している会社に補償しろ!と言いたくなりますよね。私だって全額保証とまで言わないとしても一部補償はしてくれよと思ってしまうでしょう。

 

民法709条での損害賠償請求

生活している上で相手方に損害賠償を請求する場合は、民法709条の「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」を基本として請求することが多いと思います。よくある例だと、不倫による慰謝料請求です。これは、結婚をしているのを知っていた(故意)、結婚していることを知ることが出来た(過失)のような場合は慰謝料請求が可能となります。ですので、台風が強風過ぎて直接それで自宅の窓が割れたという場合は請求する相手もいませんし、故意でも過失でもないので709条の適用はないです。ただ、今回はゴルフの練習場の鉄柱が倒れたんだからそれに対しての過失はないのか?というふうにも考えられますが、それは民法717条に書いてあります。

 

土地の工作物等の占有者及び所有者の責任

民法717条には「土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。」と書いてあります。ようするに、この瑕疵があったかどうかが問題で、瑕疵さえあれば占有者か所有者に損害賠償を請求できることになります。

 

問題は瑕疵があるかどうか

報道によると固定しているボルトの部分が複数箇所破断しており、更に台風など強風が予測される場合は事前の安全点検やネットを下ろす対策を求めていたようですね。これにより、瑕疵があるということになるかもしれません。過去、広島高裁では「ところで,樹木は自然に生長させるのが本来の状態である。生長に従って枝葉が折れることもあれば,老化によって折れることもある。樹木の通常の生長,老化の過程で生ずる枝葉の落下は,その瑕疵とはいえまい。ときには台風の強風や洪水に屈して枝が折れ,根元から倒れることもあろうが,特に人工的に植え育てている場合でない限り,それは自然の災害であって,そうした事態があったからといって,樹木としての通常の安全性を欠いていたなどということはできない。台風という非常事態の際に樹木の枝が折れたりすることに備えて,枝を切り払い,あるいは樹木を切り倒しておかねば,植栽上の瑕疵があるというのであれば,人家近くの緑は消え失せることとなりかねない。すなわち,樹木が枯れたとか,枝が腐ったとかして,日常のありふれた強さの風雨や積雪,僅かな衝撃によっても倒れたり折断したりする危険が現実化しない限り,これを切り倒したり,枝を切り払ったり,枝を支持する措置をとるなどしなくとも,その植栽ないし支持に瑕疵があるとはいえないというべきである。この意味で,本件老木の植栽・支持に瑕疵があったとは認められない。」と判示しています。このことからも損害賠償は請求認められそうですし、認められなさそうという微妙な感じがしますね。今後、どうなるんでしょう。

 

支払い能力があるかどうか

仮にゴルフ練習場側が損害賠償を支払えという判決が出たとしても倒産してしまったらどうしようもなくなりますよね。自然災害からの被害は中々難しい問題になりがちです。